本当の何切るとは?

Mリーグ2019開催中!

麻雀プロ

選ばれたトッププロ同士の麻雀リーグ戦「Mリーグ」が現在U-NEXTで全対局見放題で配信中です。 U-NEXTは31日無料で使える上、登録だけで600円分のポイントがもらえて超オトクなのでぜひ使ってみてください。

Mリーグを無料視聴する

どーも!おぎーです!

今日は何切る問題ではなく、自分が一歩先に行くために、上手な人に聞く時の正しい何切るの質問の仕方についてお話ししたいと思いまーす👏パチパチ

よく見る何切るってこんなん

一萬二萬三萬三萬五萬六萬一筒二筒三筒七筒八筒一索三索 ツモ九筒

これに条件がついてたりするのが多いですかね、各自の持ち点と現在何局かと巡目くらいのものは大体用意されてるかと。

でも本当にそれだけでよいのでしょうか?

麻雀って誰が何切ったかってすごい重要な情報で、集めた情報(手出しツモ切りもこれに入るよね)と牌理、人読み、様々なものからたった一牌を切る選択をし続けるゲームなんですよね。

つまり「何が言いたいのおぎー?」ってことなんだけど

できれば自分の関連牌を何家が何を何枚切っていてとかくらいは欲しいんだよね!
もっと言うと何巡目に何を手出ししたとかあるともっと明確に答える側も答えを導き出すことができるんだよね!

「そんな質問できねーよ」
わかります
「覚えてねーよ」
わかります
「おぎーがやれよ」
答える側だよ

ってなると思うのですが、一歩先の技術を手にするために瞬間の記憶って割と大事だよって話。慣れると自然と覚えられるように身につくし、覚えようとか思わないと上達も少し遅れてしまうかもしれません。

「私そんなガチじゃないんで」
おおいに結構
「麻雀はエンジョイ勢です」
おおいに結構 むしろそれが正しい遊び方
「おぎーそんな強いの?」
まぁまぁです

てな感じでウチのサークルはガチ勢もエンジョイ勢も受け入れはMAXです!

朝まで麻雀談議したい?
やりましょう
朝まで飲みたい?
飲みましょう
朝までパーリナイしたい?
池袋行きましょう

てな感じで次の開催みんな来てねってこと!

お待ちしてまーす(・ω<) てへぺろ

タイトルとURLをコピーしました