場況をよく見て、何を切るか判断するべし

おはこんばんにちは!

おぎーです。

今日は以前からやりたかった「おぎーのマジョリティ何切る」

略して「オギリティ」やっていきまーす♪

第一弾ってことでわかりやすい問題を友人から頂きましたー!

結構LINEくるんですよねw何切りますか?ってやつ

はい!さっそくですが、問題はこちら!

オーラスで跳満をトップから直撃、もしくは倍満ツモでトップです。

ドラが5pつまり赤牌を含めてドラ4の状態ですね。

場には4p5p7pが一枚ずつ切れているとのことでした。

本当は誰がいつ切ったとかで打牌は変わるんですがこれしか情報こなかったので、このまま答えていきたいと思います。

まぁ候補は大きく分けて4つですかね。

7m6p8p5sといったところでしょうか

どれを切っても条件を満たす可能性があります。

ではテンパイする種類数と枚数を比較しましょう。

切る牌テンパイ牌受け入れ枚数
m7p4p5p6p7p8p9s2s3s4s5s6s712種34枚
p6m4m5m6m7m8m9s2s3s4s5s6s712種40枚
p8m4m7p4p7s2s56種16枚
s5m4m5m6m7m8m9p4p5p6p7p8p912種34枚

となります

ここで1つ消えますねp8は。

その他の打牌と比べてテンパイの形は条件を軽く満たしますが、テンパイチャンスが他の選択より倍以上の差があります。麻雀はテンパイスピードが非常に大事なゲームと私は考えていますのでp8は切る確率0%です

次に入る前に言っておくとここまでトップが難しい条件でこの手をもらったらトップを見たくなるのが普通かと思います。
ただ私の持論として麻雀は2000回打ってようやく自分の実力が着順率などに反映されるとおもっています。ので、この手は2着がより確実にとれる手順が正しい打牌としています。

では参りましょう。
まず私の答えを言ってしまいましょう。
上記のこともあるのでみなさんおわかり頂けたかと思いますがp6です。

単純に一番あがりに近く条件を満たす牌も少なくないことからです。

ただし、状況次第で変わります。

麻雀の言葉で色が安い、高いといわれることがあります。

例を簡単にだすと
マンズが安い=マンズが河に多くでている
マンズが高い=マンズが河に少ない
という状態を表しています。

安い色=他家の人はその色を不必要としている可能性が高く
高い色=その逆でその色を必要としている可能性が高いです

どうでしょうか?自分がテンパイした際に相手からあがりやすいのはどちらでしょう?

答えはeasy安い色なんですね

なので状況次第で変わるというのは安い色が存在するのであればその色の受け入れを残すということになります。

今回の問題で言えばマンズorソーズが安ければ答えは変わらずp6です。

「ピンズが安い時おぎーはどうするの?」と思った方、いい質問ですね!

私の答えはs5です。

理由は2点
1、麻雀の待ちは外に寄っている方があがりやすいのはなんとなくわかりますよね?
メンツになりずらいからです。
なのでs5にくっついたテンパイよりもm7にくっついたテンパイの方が待ちが優秀になりやすいんですよね。
2、赤牌が見えていないのが唯一s5aです。なのでそれを他家が所持している場合その周囲が切られずらく、出あがりできる可能性は少し下がるからです。

まぁこっちは1の理由と比べて弱い理由ですが両方あわせて一本といったところですw

はい!ということで第一回終わりたいと思います。

少し長くなりましたが最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

あくまでも私なりの理論であり何切るですが参考にしてくださったら幸いです!

もっと詳しく!などありましたらよければ当サークルの参加よろしくお願い致しますw

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました